給与から控除してよいものは2つだけ。

たとえば、「そうだ、明日の課長の送別会費は今月の給与から引いたらいいんじゃないか?」と送別会幹事から提案があった場合、それは認められるでしょうか?

原則、お給料(賃金)は通貨で、直接労働者に、全額支払わなければなりません(労働基準法第24条)。

けれど、お勤めの皆さまのお給料は、額面から色々なものが控除された手取り額が支給されているかと思います。いわゆる天引きです。これは、例外として天引きしてよいものが2つだけ定められているからこのようになっています。

1. 法令で別段の定めがあるもの = 税金、社会保険料

・所得税
・住民税
・健康保険料
・介護保険料
・厚生年金保険料
・雇用保険料

2. 労使協定で取り決めのあるもの(こちらは例です)

・社員食堂などの食事代
・社宅の家賃
・組合費

というわけで、課長の送別会費は法令で定められていませんので、労使協定で控除可能と取り決められてる場合を除いて、天引きはできません。

こういった提案は意外にあるので、給与計算を担当される方はお気をつけくださいませ。

給与から引かれる所得税のExcel計算例。
毎月の給与計算、担当者の皆さんにおかれましては、税金や保険料などの控除に神経を使われることと思います。 所得税、住民税、健康保険料、厚...
お問い合わせ
山本理恵子社会保険労務士事務所、株式会社アールスケッチへの総合お問い合わせフォームです。ご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせください。