事業運営を通して生き方と働き方について考える

思い起こせば、弊社設立の目的のひとつは、事業主や従業員の皆さまに、事業運営を通してご自分に合った働き方を構築いただくことでした。

最近ではこのようなことも普通にお話しできるようになりましたが、私が開業するすこし前は「そんなことに金を出す経営者がいるものか」というご意見も多かったと思います。なんとほんの4,5年前のことです。

事業運営は、ひとたび始まったら24時間365日続きます。営業時間や定休日は決められますが、その間も世の中は動きますし、特に事業主の皆さまについては、お休み中も常に頭の片隅で事業のことを考えている状態になるかと思います。

しかし事業と違って人間は休みなく働くことはできません。少なくとも、食事や睡眠は取らねばなりません。

環境が大きく変わる出来事もあります。ご結婚やご出産、ご自身やご家族の病気、配偶者の転勤による引越しや単身赴任、などなど。そして人間ですから命には必ず限りがあります。

そうしたことと比べると、お子さんの行事、習い事、受験、就職などは小さなこと、と考える方も多いのですが、日常の出来事こそ仕事には大きく影響します。

そのため、どのような事業を展開するか?を検討する際には、事業主や従業員の皆さまの人生についてもよく考える形になります。間違っても、事業を運営しているがために、本来の生き方を曲げたり諦めたりすることのないよう。

5年後10年後もイメージしながら、現在のライフステージに合わせて事業規模を拡縮したり、手薄になりそうなところを重点的にサポートしたり。そういったことを積み重ねて、何かあっても問題なく事業を運営できる体制を整えていきます。

お問い合わせ